Story

episode 36

「そんなに

離れてなくても良いのにな…」

朝のこの時間、バスを待っているのは二人だけだ。

バス停のポールから数歩だけ離れて立っている彼女と、そこからさらに5mほど距離を置いた所で、バッグを置き、両手をポケットに突っ込んでいる彼。

この春から高校に通うようになった二人は、毎朝決まってこの時間のバスに乗る。毎日顔を合わせているのに、3ヶ月経った今でも一度も話をしたことが無い。

バスの音に気がついて右を向いた彼女の視線の片隅に、眠そうな彼がいる。バッグを持ち上げて肩に掛け、こちらに近づいて来た。バスは少しだけバス停を通り越して止まり、入り口のドアが開いた。

入り口に向かって歩き始めた彼女は、背後から近づいて来る彼の足音を聞きながら心の中で思った。

「バスに乗ったらすぐに振り返って、彼に笑顔で話しかけよう。最初に言うのはやっぱり『おはよう』かな? 2人掛けの席が空いてたら隣に座っちゃおう。変な娘って思われちゃうかな?」

バスのステップに右足を掛け、手すりにつかまって勢いよく乗り込んだ彼女は、既に笑顔だった。

Created: 2007-06-17 08:39 Copyright © 2007 Setsu. All rights reserved.
このストーリーを気に入っていただけたら、こちらからドネーションしていただけると助かります。(100円です)
Copyright © 2007-2011 Round Square Inc. All rights reserved. - Log in
Powered by WordPress 5.3.2 and Squible Beta 2