Story

episode 31 prev 3of3

「これ…」

と差し出す彼女の両手には、幅が25cm位のラッピングされたものがあった。

「え?」
聞き返す彼に、彼女は答えた。
「この間貰ったぬいぐるみがとっても嬉しかったので、そのお礼なの」

3週間前に彼女が帰省する時、彼はちょっと早めのクリスマスプレゼントとして、彼女に大きなぬいぐるみをあげた。横浜駅から東海道線に乗って帰る時、彼女はそのぬいぐるみを袋に入れたりせず、そのまま左手で抱えていった。

「街を歩いていた時、ショーウインドーの中に飾ってあるのを見つけたの」
と彼女が続けた。

彼は受けとった包みをほどいてみると、2つの貯金箱だった。
「ありがとう、とっても可愛いな」
「よかった、そう言ってもらえて。少女趣味って言われちゃうかもって思ってたんだ」
彼女は本当に嬉しそうに微笑んだ。

「この貯金箱が一杯になったらどうしようか?」
キリマンジャロを一口飲んだ後、彼が尋ねた。

「そうねぇ… どこか食事にでも連れて行って」
そう言ってコーヒーを飲む彼女のしぐさを、彼はじっと見ていた。

Created: 2005-01-24 08:01 Copyright © 2005 Setsu. All rights reserved.
このストーリーを気に入っていただけたら、こちらからドネーションしていただけると助かります。(100円です)
Copyright © 2007-2011 Round Square Inc. All rights reserved. - Log in
Powered by WordPress 5.3.2 and Squible Beta 2