Story

episode 29 prev 2of2

3度目に

二人で飲みに行った時、彼女が提案した。
「小学校5,6年生の時のクラス会をやらない?」
彼ももちろん賛成し、週末に会場を探しに行くことにした。

日曜日の夕方、まだ夕食には少し早い時間に、伊勢佐木町2丁目から少し路地を入った所にある中華料理店に二人で行った。恐らく20人くらいは集まるだろうと想定し、空いている日を教えてもらった。料理は予算に応じていろいろ調整してくれるそうなので、仮の予約を入れさせてもらうことにした。

氏名と電話番号を尋ねられたので、彼が答えた。店の人は「一応念のため」と言って彼女にも聞いた。
その時、彼女は姓は言わずに名前だけを答え、彼の方を見て微笑んだ。

その笑顔を見ながら「彼女にはかなわないや」と彼は心の中で思った。

Created: 2005-02-08 08:02 Copyright © 2005 Setsu. All rights reserved.
このストーリーを気に入っていただけたら、こちらからドネーションしていただけると助かります。(100円です)
Copyright © 2007-2011 Round Square Inc. All rights reserved. - Log in
Powered by WordPress 5.5.1 and Squible Beta 2