Story

episode 28 1of6 next

平日の

午前7時15分。彼は閑静な住宅街を地下鉄の駅に向けて歩いていた。細い裏通りなのでほとんど人が通っていない。彼の足音だけが響いている。もうすぐ高校に入って半年になる彼は、毎日決まってこの時間にこの道を通っていた。

歩いている彼の5m程先、通りの右側にある家の玄関の引き戸が開き、まだ眠そうな顔をした彼女が出てきた。右足の靴をきちんと履いて背筋をまっすぐに伸ばすと、すぐ目の前に彼がいた。

彼女と目が会うと、彼は微笑みながら「おはよう」と言った。突然挨拶された彼女は少しびっくりしたような顔をしたが、すぐにとびきりの笑顔になって「おはよう」と返した。

二人は3月迄同じ中学に通っていた。あまり話す機会は無かったが、小学校も同じだったので、互いに良く知っている。彼女が通う高校は、彼が通う高校への通学路の途中にあるが、今迄行きも帰りも会ったことが無かった。

さらに言葉を続けようと、彼女の唇が動きかけた時、母親が家の中から彼女を呼んだ。

左肩ごしに振り返る途中で彼女の笑顔が消え、半ば怒ったような顔つきになるのを見ながら、彼はそのまま歩いて行った。

Created: 2005-01-28 06:26 Copyright © 2005 Setsu. All rights reserved.
このストーリーを気に入っていただけたら、こちらからドネーションしていただけると助かります。(100円です)
Copyright © 2007-2011 Round Square Inc. All rights reserved. - Log in
Powered by WordPress 5.5.1 and Squible Beta 2