Story

episode 19

カーステレオから

流れる音楽が3回変わっても、車は全く動かない。ひどい渋滞だ。

助手席に座っている彼女は運転席の彼をまっすぐに見て、何か一言告げた。彼女の方を向いていた彼が視線を前に戻した時、彼女は助手席のドアを開け、外に出た。

白いブラウスに短いスカートの彼女は、渋滞している車の間を縫って鋪道に近付いた。車の進行方向と同じ向きに歩きながら、車道との境にあるパイプ製のガードレールを見た。この先しばらくは途切れること無く続いていることを確認すると、少しだけ歩調を早め、左手を支柱について両足を前に振り上げ、ガードレールを飛び越えた。

さっきまでと同じペースで鋪道を歩き続ける彼女の長い髪が、春の風で揺れていた。

Created: 2005-04-24 08:52 Copyright © 2005 Setsu. All rights reserved.
このストーリーを気に入っていただけたら、こちらからドネーションしていただけると助かります。(100円です)
Copyright © 2007-2011 Round Square Inc. All rights reserved. - Log in
Powered by WordPress 5.3.2 and Squible Beta 2