Story

episode 15

バス停で

バスが来るのを待っている彼は、制服の左ポケットから携帯を取り出した。

携帯を開いてみると、メールが一通届いていた。メールの送信時刻は零時1分。
中学で同級生だった女の子からのメールだ。メッセージはとても短い。

1行目の9文字を読んだ彼の顔が笑顔に変わった。
2行目には「誰よりも先にこれを言いたくて」とあった。

右から近付いてくるバスに気がつき、携帯を閉じてポケットにしまいながら、彼は空を仰いだ。5月中旬の空は、きれいに晴れ渡っている。ドアが開いて乗り込みいつもの席に座った彼は、窓の外を見ながら「なんて返事を書こうかなぁ」とぼんやり考えた。

彼は今日16才になった。

Created: 2005-05-15 06:28 Copyright © 2005 Setsu. All rights reserved.
このストーリーを気に入っていただけたら、こちらからドネーションしていただけると助かります。(100円です)
Copyright © 2007-2011 Round Square Inc. All rights reserved. - Log in
Powered by WordPress 5.5.1 and Squible Beta 2